格安スマホ、格安SIM おすすめ5選 2019年版 メリット、デメリット

携帯電話
TAKU
TAKU

こんにちわ。KIMAMA LIFEのTAKUです。
今日はおすすめの格安スマホ、格安SIMを紹介するよ!

もふにゃん
もふにゃん

格安スマホってよく聞くけど、なんだか難しそうだしよくわからないんだよね

TAKU
TAKU

確かに、DOCOMO,au,softbank この3大キャリアは安心感もあるよね。
今日は少しわかりづらい格安スマホのメリットやデメリットをご紹介するよ!

スポンサーリンク

最初に伝えたい格安スマホおすすめ5選

TAKU
TAKU

僕のおすすめの会社を教えるね!

通信速度の安定性auのサブブランド UQモバイル

CMでおなじみのUQモバイルです。

格安スマホの人気ランキングでは1位の常連になっています。

auの電波を使っていて通信速度の安定性も抜群です。

UQモバイル

完全通話し放題オプションもあるワイモバイルネット回線もソフトバンクに変えると割引+高額キャッシュバックも!おすすめ!

どうしても仕事などで電話を使う場合通話し放題プランは大事ですよね?

格安スマホでかけ放題プランを提供しているのはワイモバイルのみになります。

ワイモバイルもソフトバンクのサブブランドになりますので安定性等も抜群です。

ワイモバイルの場合ネット回線をソフトバンク光やSoftbankAirに変えることにより割引を受けられます。

以下のサイトからの申し込みだとオプション不要で高額キャッシュバックを貰えるので絶対におすすめです!

おすすめ光回線ソフトバンク光(^^)/オプション不要で高額キャッシュバック!

光回線を引けない場合はSoftbankAir!

【SoftBank Air】工事不要!コンセントに差すだけで届いた日から高速インターネットがすぐ使える!

SNS使い放題プラン LINE電話なども使い放題!LINEモバイル

こちらもCMでおなじみですね?

LINEモバイルです。

300円より利用できるsns使い放題プランも用意されています。

格安スマホの中で唯一LINEの年齢認証ができます。

安定の人気 多くの顧客満足度第1位 au,docomo,softbankの電話機がそのまま使える マイネオ

顧客総合満足度やiPhone利 用者シェア第1位!他にも多くの賞を受賞しています!

■端末もそのまま■
mineoならあなたのスマホのままで使える!データ容量は500MB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBをご用意!

エンタメフリーオプションでyoutubeやLINEMUSICも聞き放題!BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはなんといってもエンタメフリーオプションがオススメです。

音楽のストリーミング再生や、動画サイトなども見放題になります。

オプション料も480円ですので是非ともチェック!


ご利用中の機種を格安SIMで利用したい場合は以下の記事を合わせてどうぞ!
2019SIMロック解除au,docomo,softbank解除条件 手数料を無料で解除する方法

格安スマホ デメリットは?

格安スマホに変えることによるデメリットを考えてみたいと思います。

キャリアメールが使えない!

格安スマホを使うようになると今まで当たり前だったキャリアメールが使えなくなります。

キャリアメールとは、DOCOMO au SOFTBANKが提供しているメールアドレスになります。

~@docomo.ne.jp

~@ezweb.ne.jp

~@softbank.ne.jp

このようなメールアドレスが利用できなくなってしまいます。

メールを利用する場合GOOGLE等のフリーメールアドレスがおすすめです。

Gメール

LINEの年齢認証ができない

docomo au softbankを利用していると簡単にできていた年齢認証ができなくなります。

なので、友達追加の時にID検索ができません。

ふるふるやQRコードによる友達追加になります。

ただしLINEモバイルであれば年齢認証もできラインも使い放題で利用できます。

クレジット決済のみの場合が多い

キャリアですと口座引き落とし等でも契約できましたが、格安スマホの場合クレジットカード決済が一般的です。

しかし、口座振替やデビットカード決済を利用できる場合もあります。

郵送の場合数日間利用できない期間ができる

mnp(ナンバーポータビリティ)による契約の場合格安スマホのSIMカードが届くまで利用できなくなります。

それが困るという場合はワイモバイル等の実店舗で契約するか、手元にSIMカードが届いてから契約することにより使えない期間を作らなくすることもできる場合があります。

通話定額プランが少ない

最近普及している通話定額プランが格安スマホですと利用できるところが限られています。

完全通話し放題ですとワイモバイル一択になってしまいます。

しかし、完全通話し放題ではなく5分や10分の使い放題で十分な方は選択の幅が広がります。

キャリアに比べて通信速度が不安定

格安スマホ各社はキャリアに電波を間借りしてサービスを提供しています。

なのでキャリアに比べると時間帯等により通信速度が遅くなってしまったりします。

その中で、キャリアのサブブランドであるワイモバイルとUQモバイルは通信の安定性にも定評があります。

それではメリットを考えましょう

上にあげたデメリットのようにやはりキャリアに比べると敷居が高い感じがしますが、次にメリットをあげてみましょう

料金の安さ

やはりこれにつきます。

シムフリー端末等をお持ちの方ですと2000円程度で10分かけ放題などで電話を持つことができます。

この料金の安さが格安スマホと呼ばれる由来そして一番のメリットでしょう!

低価格でストリーミングやSMSの使い放題プランもある

格安スマホの中には低価格にてデータ使い放題プランを提供しているところもあります。

BIGLOBESIMエンタメフリーオプション

ですと月額480円のオプション料でYouTube等の動画サイト等も使い放題になります。

詳しくは

公式サイト

にてご確認ください。

価格が最大のメリットの格安スマホ、その他のメリットは少ない

やはり価格以外のところでのメリットはあまりないと思います。

キャリアと比べるとなおのこと、それでも1契約につき月数千円も安くなるのであれば素晴らしいメリットとなります。

合わせて読みたい

AirPodsレビュー 通話品質は?仕事で電話を使う方 運送業の方おすすめ!

まとめ

格安スマホは確かにデメリットもありますが価格を考えると月々の料金がかなり変わります。

料金プランもご自身にあったプランが選びやすくキャリアに比べるとシンプルな設定になっています。是非この機会に検討してみるのは如何でしょうか?

コメント

  1. […] 格安スマホ、格安SIM おすすめ4選 2019年版 メリット、デメリット […]

  2. […] 格安スマホ、格安SIM おすすめ5選 2019年版 メリット、デメリット […]

  3. […]  格安スマホ、格安SIM おすすめ5選 2019年版 メリット、デメリット […]